忍者ブログ

極上の痩身エステ

痩身エステの気になるお得情報。

離れていたい痩身エステ

ひょっこりひょうたん島の脚本で有名な 
井上ひさし氏が亡くなった。 
75歳、肺がんだった。 
故人のご冥福をお祈りしたい。 

ネットのニュースで彼の死を知ったのが10日。 
さすがに脚本家程度では 
テレビで報道される事もないと思っていたが 
今日、早朝からニュース番組で取り上げられていた。 

実はこの井上ひさし氏。 
「吉里吉里人(きりきりじん)」という作品で 
第二回日本SF大賞(1981年)をとった事がある。 
当時SF小説をよく読んでいた私は、この受賞を 
たまたま雑誌SFアドベンチャーのインタビューで知った。 
彼のコメントは「仰天しています」だった(笑) 

彼の喋りは軽妙で、トーク番組「徹子の部屋」では 
あまりの面白さに2日連続して出演したことがある。 
小説の、痩身エステもあのバカバカしくも絶妙なタッチそのままだった。 

小さいころ読んだ怪盗小説「ブンとフン」の作家だと 
ずいぶん後になって気付いた。 
なるほど、設定と称して次々と細かいネタをちりばめる手法は 
この小説が原点だったか。 

いずれにせよ、惜しい職人をなくした。 

余談だが、プライベートでの彼は 
家族に暴力をふるう悪い夫だったらしい。 
初耳だったが、検索してわかった。
PR

コメント

プロフィール

HN:
痩身エステ委員会
性別:
非公開

P R